今年の音楽業界は確実に大変化する

 11月に日本でもMy Spaceのサービスが始まりました。

私はMy Spaceには去年の中頃から参加していましたが、あまり使っていませんでした。

久しぶりに自分の好きなアーティストをMy Spaceで検索してみると、そのほとんどがMySpaceに登録していました。

とりあえずHerbie Hancock,Steely Dan,Power of towerあたりをお気に入りに入れておきました。

さらに日本の多くのメジャーなアーティストもすでにMy Spaceに登録済みでした。

元々はMy Spaceはインディーズ系のバンドがメインだったようですが、My Chemical RomanceというバンドがMy Spaceから売れてからメジャーもMy Spaceに注目したようです。

(My Chemical Romanceは結構いい感じです。)

 My Spaceを色々散策してみるとメジャーもインディーズも関係なくなっている感じです。

インディーズでもプロ級のアーティストもいるし、マニアックなジャンルのアーティストも簡単に探せます。

いわゆるロングテールのアーティストですね。

音楽ビジネスはMy Spaceで確実に変わっていくでしょう。

 今まで日本ではヒット曲を出すメジャーなアーティストしかプロになれませんでしたが、これからはもっとマイナーなミュージシャンでも食べて行けるようになるかもしれません。

ただP2Pで簡単にコピーされてしまうのでどうやってビジネスにするかが課題だと思います。

これからはミュージシャンは楽曲を売るのではなくてファンクラブ的なビジネスになっていくかもしれませんね。

よく演歌歌手がファンと一緒に旅行したりするイベントがありますが、音楽売るだけではなくファン交流を中心にしたエンターテインメント産業になるかもしれません。

 どちらにしても変わって行くのはまちがいないでしょう。

自分もいまからアマチュアミュージシャンを目指そうかな、なんてね。

ちなみに私のMy Spaceのアドレスはhttp://www.myspace.com/anthony_at_tokyoです。

まだ何も書いていませんが、そのうちなにか登録したいと思います。

コメントを残す