セキュリティゴロ

 今日もヒルズライブラリーで勉強&お仕事しています。休みなのか下は人でいっぱいですね。下はにぎやかなのにここは静かでちょっと不思議な感じです。

 セキュリティ専門家のほうが問題な時もあるを読んでどこの業界でもこういった輩がいるのだなと思いました。

  セキュリティコンサルタントって確かにうさんくさいですね。元ハッカーがやっていたりするのでちょっとダーティーな感じを受けることがあります。以前セキュリティコンサルを売り込んできた営業も怪しくて莫大なコンサル料を要求していました。

 またセキュリティ関連のセミナーで某有名セキュリティコンサル企業のエンジニアが講演していたのですが、コンサルした客はセキュリティがわかっていなくてばかだといわんばかりのことを言っていました。お前は仕事で四六時中やってんだからわかってて当然だろと突っ込みたくなってしまいました。

 最近はこの記事にあるように恐喝まがいのこともあるようですね。これも売名行為のためなのでしょう。最近Ciscoのバグを発表したエンジニアの話が話題になっていますが、このエンジニアも同じ手合いかもしれません。

 一時期私はセキュリティに関してとても興味があったのでそちらの道に行くことも考えたのですが、業界のダークなイメージがあったためにやめました。よく考えてみるとセキュリティって犯罪を扱うビジネスですからね。どうしてもダークになってしまうのでしょう。警察とやくざが同じに見えてしまうのは私だけでしょうか?

 しかしセキュリティはこれから必須の技術です。システムや製品開発でセキュリティを考慮することは品質を維持するために必要です。従ってセキュリティを勉強することはこれからITエンジニアとして必須だと思います。

早くHacking Exposed読んでしまわないと。

0072227427 Hacking Exposed: Network Security Secrets & Solutions (Hacking Exposed)
Stuart McClure Joel Scambray George Kurtz

Mcgraw-Hill Osborne Media 2003-02-25
売り上げランキング : 333,384
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ランキングに一票お願いします!  

コメントを残す