ビジネスは格闘技

ドラゴン桜の作者が新しい漫画の連載をはじめました。「マネーの拳」は引退したボクサーがビジネスを試行錯誤でやっていくというストーリーのようです。

まだ読んでないのですが、書評を見たところ面白そうです。

主人公がお金持ちの社長にビジネスの教えを請うシーンがありますが、飲食店は儲からないといいきります。

それは確かにそうだと思います。まず初期にお金がかかります。フランチャイズでも最低1千万はかかるでしょう。加えてお店の内装もかなりお金がかかりますが、税法上この費用は7年で減価償却することになっています。しかし7年も同じ内装のお店なんてありえないでしょう。もし3年で改装するならそのための資金調達プランをはじめる前から考えておかなければいけません。そのような準備もなくビジネスを始めるjのは無謀です。

ビジネスで勝つためにはスポーツと同じで基礎体力が必要です。ビジネスではマーケティングや会計、業務知識などがそれにあたるでしょう。

サラリーマンの人が安易に独立と考えるのは会社に守られていることをわかっていないのでしょうね。ビジネスの世界は戦う場です。何の準備もしていなければ負けてしまいます。

まずはお金がかからないビジネスからはじめて徐々に大きくしていきます。初期にかかるお金は極力自己資金ではじめるべきでしょう。さらに在庫を持つ必要がなく利益率の高いビジネスにフォーカスすべきです。この漫画では通信教育事業を薦めていますが初期にはじめるにはいいと思います。

できたばかりの資格向けに通信教育を行うのもいいかもしれません。介護系は色々できているようなのでねらい目かもしれませんね。

Googleは検索エンジンだけであれだけ大きくなりましたが、インターネットを使ったサービスも個人で始められるビジネスです。

色々考えるとお金をかけないでできるビジネスって色々ありそうですね。

4091846629 マネーの拳 1 (1)
三田 紀房

小学館 2005-06-30
売り上げランキング : 10,891
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ランキングに一票お願いします!  

コメントを残す