ファイナンシャルプランナーって?

 おはようございます。今日から8月ですね。一年のたつのが速いですね。気を抜いているとあっという間に時間がたってしまいます。

 世の中資格ブームです。いまや会社に頼ることができなくなった時代なのでみんな資格取得に走っていますね。しかしみんな資格取っちゃったら差別化できないからどうなのかなと思います。何もしないで怠けている人間よりはましなんでしょうが。

 資格でファイナンシャルプランナーってのがあります。人の懐具合を見てどうやって増やすかをアドバイスする仕事です。しかしこれも経営コンサルに似たうさんくささがありますね。FPの言うとおりにして資産が増えなかったらどうするのでしょうか?資産形成は一生モノなので責任なんてとることはできません。勉強するのが嫌いだったり自分で考えるのが嫌いな人はそういうリスクを踏まえて相談するのだったらいいと思いますが。

 ウォール街のランダムウォークという本には面白いことが書いてありました。20年以上の長いスパンで考えた場合、株の銘柄を選ぶのはダーツの矢を投げてあたった企業を選んでも有名なファンドマネージャーよりもいいパフォーマンスになるというものです。

 この話が本当かどうか確認する方法はありませんが、FPに相談しても儲かるという保証はありません。それだったら自分で勉強して自分で判断したほうがいいと思いました。

 私はステータスをひけらかす人は嫌いです。医者や弁護士、経営コンサルタントなど仕事のできない人に限ってステータスに頼ります。それらの人の中でも優秀な人はステータスをひけらかすことはありません。自分に自信がないからステータスに頼ってしまうのでしょうね。日本人はステータスに弱いから大多数の人にはそのようなはったりが通用するのでしょう。

 結局未来なんて誰もわからないんだから、自分の未来くらいは自分で決めたいものですよね。

4532350972 ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理
バートン マルキール Burton G. Malkiel 井手 正介

日本経済新聞社 2004-04
売り上げランキング : 1,690
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ランキングに一票お願いします!  

コメントを残す