ブレードサーバーの次はこれか

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 いまやコンピューターのハードウェアコストは劇的に下がり、強力な計算能力を安く買うことができるようになりました。

その流れとしてブレードサーバーなどの複数のサーバーを一筐体にパッケージ化したサーバーがポピュラーになっています。

 その次を行く製品がSunから発表されました。

Project BlackBoxはデータセンター全体をひとつのコンテナにまとめた製品です。

サーバーやストレージはもちろん電源や冷却装置も装備されていて単体でiDC運営が可能なように設計されているようです。

 これからのデータセンターは倉庫みたいなところにBlack Boxのようなものが並んでいるという光景になるかもしれません。

宇宙ステーションやスペースシャトルなどに搭載するのもいいかもしれません。

宇宙にデータセンターがあって乗組員が操作している姿はまさに2001年宇宙の旅のワンシーンみたいでかっこいいですね。

 Black BoxはSunのワークステーションで構成されていますが、PCサーバーでLinuxという構成でやるともっとコストが下がるかもしれません。

またこれがどんどん小さくなるとデータセンターが手のひらに乗るなんていう時代になるかもしれません。

YahooオークションサイトがデスクトップサイズのPCになるなんてことも起こるかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す