レベルダウンの衝撃に備えよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

私は縁あって福祉関係の事情に詳しい人と知り合いなのですが、その人から今の日本のひどい状況を教えてもらいました。

 体にハンディキャップのある人は障害者年金をもらっています。

そしてその一部は施設利用費として福祉施設に支払われています。

しかし小泉改革のためこれらの施設も独立採算でやっていかなくてはいけなくなりました。

従って新宿のホストと同じように売掛金は施設自身で回収しないと施設自体の運営ができなくなります。

そのため売掛金を確実に回収するために施設が年金が振り込まれる口座のキャッシュカードを預かることを要求してくるとのことです。

施設も生き残りで仕方がないのでしょうが、あまりのひどい話にあぜんとしてしまいました。

社会のひずみはまず弱い人にしわ寄せがきます。

財政赤字を増やさないために日本人はこれから生活のレベルを下げていかざるを得ない状況にあるということなのでしょうか。

これから日本はどんな国になってしまうのでしょうか。

日本政府は政府がやるべき仕事まで民間に押し付けてきているようです。

このまま行くとお金のない人たちは生きていくのが難しくなっていくと思います。

しかし現実を直視するしかありません。

そんな時代にちゃんと生きていけるのか自信がありませんが、生きていくしかありません。

これからの時代は生活レベルが下がることも覚悟して生きていかなければいけない時代になるのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す