一番効率のいい投資

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「価値の上がるものにお金をかけたい」というBlog記事を読んでいろんな点で共感しました。

自分の家を買うというのは多くの人にとって最も大きな買い物だと思います。

これを投資だと考えるとリターンとしては快適な居住空間を得るということになるのでしょう。

資産と考えた場合、土地は場所によっては上がるかもしれません。

しかし、建物は毎年ある率で価値が下がっていきます。

会計上は減価償却という考え方で一定の割合で価値が下がりますが、現実には買った瞬間から買値の半額くらいになることもあるようです。

そう考えると資産として考えるとあまりおいしい投資ではありません。

立地のいい場所に家が買えれば土地の価値はあるでしょうが、そのために大きな借金をしなければいけないとなるとリスクがかなり高くなってしまいます。

(資産のない人にそこまで銀行がお金は貸さないでしょうが。)

私は機会があって不動産経営を少し経験したことがあります。

資金を銀行から借りて賃貸マンションを建てるという計画だったのですが、あまりに投資を回収する期間が長すぎるためその計画は中止になりました。

ケインズが言ったように長期で利益が上がっても人(自分)はすでに死んでいますからね。

不動産経営というと寝ててもお金が入ってくると思う人が多いですが、実際にはいろんなトラブルがあって胃の痛む思いをしなければいけないこともあります。

なんにしてもお金を稼ぐというのは楽ではありません。

私も巨額な負債を抱え込むくらいだったら賃貸でいいかなと思っています。

しかし、分譲物件の方が質がいいのは事実なので借金してでも住環境にこだわる方は買ったほうがいいでしょうね。

私が今まで行った投資で一番効率がよかったのは勉強です。

勉強は時間と少しのお金を投資すればできます。

(この時間が結構高いコストだったりもするのですが。)

若いころ休みの日もプログラミングやネットワークを勉強したことが今の自分の収入のねたになっています。

また英語を勉強したのもよかったですね。

海外のエンジニアと仕事することもできましたし、最新のIT技術を知ることもできました。

最近では自分でビジネスをするためにファイナンスや会計、プロジェクトマネージメントを勉強したことも役に立っています。

ただ私は今まで資格をとるための勉強はほとんどしたことがありません。

とったほうがいいかなと思ったこともあったのですが、とらなくても仕事に困ることはありませんでした。

弁護士や医師など資格が必須な職業は別として、顧客は資格にお金を払うわけではないですからね。

ITの場合ベンダー試験や情報処理などのテストがありますが、これに受かったからといって仕事ができるようにはなるわけではありません。

しかし、勉強するきっかけとしてはいいかもしれませんね。

私は学歴も資格もありません。

でもいままでやってこれたのは自分に対して勉強という投資をして仕事に生かしてきたからだと思います。

その勉強という投資には時間と少しのお金と好奇心があれば誰にでもできます。

今は本だけでなくインターネットもありますし、セミナーも色々やっています。

休日はゆっくりしたいところでしょうが、少し勉強の時間を作って本を読んだりセミナーに参加してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

1件のコメント

  1. yasushi

    不動産の考え方については同意、ですね。私は自分に必要最小限のスペースがあればいい、と思う人間なのと、最近はUR等の賃貸だけれどもいい設備があるパターンもあるので多分持家は買わないでしょう。同様の理由で趣味ならば否定しませんが車の購入にも興味がありません。(あれば便利だと思う時はありますが、都内に出向くのに駐車場を探さないといけない、待ち時間、駐車料金を考えるとレンタカーでいいのではないかと)

    資格については知識の体系だった整理の為にとってもいいかなぁとは思いますがベンダーに貢ぎたくない(笑)ので中立の資格しか候補にあがってないですね。国家系のシスアドとか持ってますが何か役に立ったかといえば・・・。

    勉強についてはまだ読み切れていないビジネス系、自己啓発系、考え方等の本が積まれてる状態です(^-^;
    何かお勧めのセミナー等があれば図々しいお願いかもしれませんが一度ご一緒させて頂けませんか?自分で選ぶと必ず自分の趣味嗜好の範疇で選ぶので、そこに違う人の視点(エッセンス)が入るってすごく貴重機会なので。

コメントを残す