中国になめられている日本

 中国の副首相がドタキャンした件を見ていて日本はなめられているなと思いました。ドタキャンした理由が靖国神社参拝問題をあげていますが、政治家が靖国参拝したからといってもはや軍国主義に走らないのは政治家だったらわかるはずです。

 結局偏った教育を行ってきた中国共産党が自国民に対するポーズとして日本いじめをしているのでしょう。少しお金を稼げるようになったから日本を追い抜いたと思っているようですが、いろんな面で中国はまだまだ遅れています。

 いまだに広大な国土と多くの人口を持っていることが国力だと錯覚しているところが前近代的です。シンガポールやアイルランドなど国土が少なくても伸びている国はいっぱいあります。

 私はあまり愛国心があるほうではありませんが、今回の中国の態度は人としてあまりにもひどすぎると思います。人同士の付き合いならもう二度と会いたくないと思うでしょう。おそらく心ある中国人は今回のことを残念に思っているのではないでしょうか。

 中国も韓国もいつまで被害者意識でやっていくのでしょうか?もっと建設的に考えられないのでしょうか。

 日本人だって日露戦争や第2次世界大戦で多くの人がなくなりました。戦争の被害者は中国だけではないことを理解して欲しいと思います。

コメントを残す