人を見る目

 おはようございます。今日は快晴ですね。朝は涼しくて気持ちよかったですが、昼にかけてかなり暑くなるそうです。

 

 人を見る目があるかないかはビジネスを行う上で重要な能力です。パートナーや契約先など最後の決断はやはり人を見て決めるということが多いのではないでしょうか。私の場合いろんな話をして違和感を感じた人とは仕事で組まないようにしています。基本的な考え方が違う人とやったとしてもうまくいかないからです

 以前一緒に仕事をしていた人は約束を守るということができない人でした。私は何事にも約束したことはちゃんと実行しなければいけないと思うほうなので、その人とはうまくやっていくことはできませんでした。そういった基本的な部分で同じ考え方でないといっしょにやっていくのは難しいでしょう。

 人を見るためには色々話しているとその人の考え方が見えてきます。いくら隠そうと思っていても何気ない言動に本音が見えてしまいます。最近いろんな人と話していて思うのは自分のことしか関心がない人が多いということです。もちろん自分に関心のあることでないと話す気にもならないのはわかりますが、あまりにも他の人に関心がない人ばかりです。こういう人とも一緒にやるのは難しいかなと思います。なぜならこういうタイプの人は話を聞かない人が多いのでコミュニケーションをとることが難しいからです。

 長年色々な人にあっているとこの人はこのパターンの人だというのが大体わかります。おそらく私より年上の人や人にたくさん会う営業さんなどは私などより人を見る目があるかもしれません。このような人を見る目を持っている人は成功もしやすいのではないでしょうか。カーネギーは自分より優秀な人をマネージメントできたから成功したと言っています。彼も人を見る目を持っていたのでしょうね。

 起業家はどんな人と組むかでその後の人生ががらりと変わってしまいます。いつかはSonyの井深さんと盛田さんやホンダの本田さんと藤沢さんのようにすばらしいパートナーと組めるよう努力していきたいですね。

ランキングに一票お願いします!  

コメントを残す