人生は変えられる

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

私の知っている人でいつも自分の親の悪口を言う人がいます。

その人はそこそこ裕福な家庭に生まれたのですが、親とは仲がよくありません。

その家は元々おじいさんが財産を作ってその息子が継いだようなのですが、この親子も仲がよくないようです。

その当てつけなのかおじいさんは孫をかわいがっていたそうです。

しかし、おじいさんが亡くなるとと親子関係がさらに悪化したようです。

父親は息子の人生を自分の思い通りにしようとしたそうです。

それが不満だった息子は父親から離れたかったようですが、経済的に自立していない学生だったため離れることができなかったようです。

私は愚痴ばかり言っている彼に家出したらいいじゃないかといいました。

しかし彼にはそこまでやる根性はありませんでした。

家を出てどこへいけばいいのかと言う始末です。

別に五体満足にあるのだからどこででも働いて稼ぐことができるのにやろうとしません。

こういう人は一生悪口を言うばかりで実行できない人なのだなと思います。

今のサラリーマンを見ていて彼と同じではないかと思うことがあります。

会社帰りに同僚と愚痴を言いますが何も行動しようとしません。

違う環境にいくことが怖いのでしょう。

しかし、人生変えようと思えば意外と変えられると思います。

よく転職のときに前の会社がいやだったとかネガティブな考え方では成功しないといいます。

しかし正直なところみんな今の会社で働くのがいやだから転職するのであって、前向きな転職というのは私には建前にしか思えません。

今の会社がいやで転職するのでもいいと思います。

ただいい条件で転職したければ計画的にやったほうがいいでしょう。

最近読んだ「スティーブジョブズ 神の交渉力」という本の中でジョブズがピクサーという会社を経営しているときにディズニーと交渉する話がありました。

ピクサーといえば今やトイストーリーやファインディングニモなどの大ヒットアニメを制作した会社として有名ですが、最初ディズニーと契約するときはかなり不利な条件で契約させられたそうです。

しかし、映画がヒットしたとたんにジョブズはディズニーに不平等な契約の撤回を求めます。

実績を出したので立場が強くなり結局フェアな契約を結び直したそうです。

人の人生も同じで、現状がいやなら自ら行動していい方向にもっていけばいいと思います。

その時必要なのは少しの勇気と戦略と行動です。

そうすればきっと自分の望む人生が送れると思います。

人生は短いから年をとって後悔しないように生きていきたいですね。

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48) スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)
竹内 一正

経済界 2008-05
売り上げランキング : 4160
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

2件のコメント

  1. yasushi

    仰る通りですね。先月からSIer一本で仕事してるのですが(それでも社員という立場はとらずにおきました、第三者視点で会社を見る事が出来る立場に自分を置きたかったのと、この会社の正社員にはなりたくないなと(笑))元請けベンダーと飲みにいった時、一次会にキャバクラに・・・(一次会しか参加しませんでしたが)その時思ったのが、こんな所でクダまいてる暇があったら他にやることあんだろ?と。

    後は今SIerにて、発注側にいた時に嫌だなぁと思う事をやらざるを得なくて(商売とはいえ)そこを変えてやるにはどうしたらいいか?を色々画策中です。数千人単位の組織になってくると有限な時間という資源に対し、組織にまるで(笑)思い入れがないので、具体的なビジネスプランをぼちぼちねりはじめてます。まだどうなるか全然未確定ですが、春までにはフリーランスに戻っているかもしれません。

    私自身は転がる石に苔つかず、の方が性に合ってるので。石の上にも三年も結構なんですが、以前いた所の株価やら近況やらを聞くとゾッとすることばっかりなんですよね(^-^;

  2. サラリーマンの愚痴なんてまともに受け取ることはないです。会社には良いところも悪いところもあり、悪いところだけを愚痴として吐き出しているだけなのですから。
    本人は総合的に判断して会社に留まっているのです。きっと。
    飲み会で、奥さんや旦那さんの愚痴を言っている人に対して、「じゃあ離婚したら?」とは言わないですよね。それと同じことですよ。

コメントを残す