今しかないでしょ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

アップル、IBMを見限る–Macにインテル製プロセッサを採用へを読んでジョブズが勝負に出てきたなと思いました。

 MacがIntelチップに切り替えるんだったら今が最後のチャンスかもしれません。OS Xも機能が充実してきてMacユーザーもじょじょに増えている状況を見るとこれ以上続けた場合切り替えるコストが高くなりすぎてできなくなる可能性があります。

 まだユーザーがそんなにいない状況で切り替えればまだ傷は浅いと思います。おそらく切り替え時にはPowerPCのころのように混乱するでしょう。何割かのユーザーはMacを捨てるかもしれません。しかしこのままだとずっとマイナーOSで終わってしまうでしょう。

 もしインテルチップ上で動くようになればWindowsの何割かのユーザーを取り込むことができるかもしれません。ただWindowsを使う理由はOfficeを使うからというユーザーが多いのでどのあたりまで取り込めるかわかりません。

 しかしWindowsとMacを両方エミュレーションできるようになるとオフィス系はWindowsでクリエイティブ系はMacでという使い分けができるようになります。

 私としては文書書きはWindows,絵を描いたり音楽を作るのはMac,サーバー系プログラムや開発はLinuxというのが理想です。それがひとつのマシンで全部動くようになったらいいですね〓。

 今までのBlogでも書いたようにLinuxはcoLinuxでWindowsと同時に動くようになりました。いちいちブートしなおさなくてもいいのが便利です。coMacってのもAppleかどこかが作ってくれたらもう最高ですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す