仕事がつまらないと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

medium_6908942481
photo credit: Bourguiboeuf via photopin cc

仕事がつまらないと思ったことはありませんか?会社で働いていると自分の好きな仕事ばかりできるわけではないですし、好きでついた職業でも長年やっているとルーチンワーク的になってつまらなくなってしまうこともあります。しかし、いやいややっていると仕事のパフォーマンスは落ちてしまいますし、これからの時代はいよいよ競争が厳しくなっていくでしょうから業績もなかなかあがらないでしょう。では、どうすればつまらない仕事を前向きに取り組めるようになるのでしょうか。

例えば、誰も読むことはないようなドキュメントばかり作らされていると仕事がいやになってしまいます。どうせ誰も読まないんだから書いても無駄だと思いながら書いているとアウトプットの文章もいいものにはならないでしょう。そんな時、少し考え方を変えて自分のやっている作業をエクササイズだと思ってやってみてはいかがしょうか?つまり、読みやすくてわかりやすい文章を書くにはどうしたらいいか考えて、会社の誰よりもいい文章を書くことをめざすのです。そのためにいろんないい文章を参考にしたり、文章の書き方を解説している本で勉強したりして自分の文章をブラッシュアップすることに仕事を利用するのです。
その結果、ちゃんとした文章が書けるようになれば、誰も読まないドキュメントを書いていてもやる気が出てくるのではないでしょうか。

また、自分は高いスキルを持っているのに単純作業のような仕事をアサインされて、なぜ自分がやらなければいけないのかと思うこともあるかもしれません。例えば、大量な資料のチェックやプログラムのテストなど、会社では誰かがやらなければいけないつまらない仕事が結構あります。それを何も考えずいやいややっていては効率も悪いですしミスったりしてしまうでしょう。そこで、もっと効率のいい方法はないかとか、プログラムや機械を使って自動化できないかと自分で考えてやってみるのです。それでうまくいけばうれしくなりますし、自分のスキルアップにつながります。

営業の仕事もそんな働き方ができる職種だと思います。営業はとにかく受注をたくさん取って売上を上げることが仕事ですが、それだけではなく例えば経営者と対等に話せるくらい経営や会計、経済に詳しくなることをめざします。そうすれば色んな経営者に一目置かれるようになって、営業成績にもプラスになっていくかもしれません。何よりも自分の教養が上がるし、いろんな経営者と知り合いになって色んな話が聞けるようになるので働いていて楽しくなると思います。

もちろん、そういった創意工夫を認めない上司や企業の元で働いていて、余計なことをするなと怒られるかもしれません。でも、勝手に怒らせておけばいいんです。そんなわからない人たちは相手にせず、自分のスキルアップにつなげていけば自分の財産になりますし、時期がくれば自分を認めてくれる会社や人の元へ移ればいいと思います。でも、そういう努力って見ている人は意外に見ているものなんですけどね。

今や仕事は自分で考えることが要求されるようになってきました。かつては仕事でやることは決まっていて少々効率が悪くてもなんとかやっていけました。しかし、これからの時代は企業間の競争も激しいので色々工夫して効率良くやって高付加価値をつけていかないと生き残れない時代になりつつあります。そんな時代には常にスキルアップの努力をして新しいことにチャレンジすることを求められるようになります。そのような状況でいやいや仕事をしていくのは難しいでしょうし、なによりも仕事は楽しくやりたいものです。そして大抵の仕事は自分で楽しく持っていく方法があると思います。

ドキュメント書きにうんざりしているあなたにはこれらの本を読んでいい文章を書いてみてはいかがでしょうか。


Excel VBAはいろんな作業を自動化できるので勉強しておいて損はないです。

私はLinux使いなので自動化ツールとしてはシェルスクリプトにお世話になってます。

日本経済について詳しく知りたい時はこの本ですね。

[wp_ad_camp_2]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す