仕事の効率を上げる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 皆さんはやることが多すぎて圧倒感で途方にくれたことはないでしょうか?

私は仕事とプライベートでやることが山盛り状態になってかなりストレスになった時期がありました。

 そのとき使った手がやることを単純な作業に分解してToDoリストに箇条書きにすることでした。

そして、用事が片付いたら順番に横線を引いて消していきました。

こうすると次にこれを片付けようという気持ちになって用事が早く片付くようになりました。

私のTodoリストは仕事とプライベートを混ぜて書いていますが、分けて書いてもいいと思います。

 これはソフトウェア開発での仕事の体験から思いついたものでした。

私の関わるプロジェクトはいつも納期に間に合わなくて何回も徹夜しなければいけない状況が続いていました。

これはなぜだろうと考えた結果、各作業が少しづつ遅れてしまうから最後の締め切りに間に合わないという当たり前の結論に達しました。

それから仕事を細かい作業に分解しそれぞれの作業の締め切りを守るようにしました。

 またこれによってどのような作業がどれくらいの工数がかかるかの情報も取れるようになり見積もりの精度もあがりました。

ただソフトウェア開発は不測の事態や顧客側の問題などが発生するので完全にはコントロールは難しいんですけどね。

 人間の脳は達成感を味わうとやる気が出るようにできているようです。

仕事の能率を上げるためには各作業が終わったということを脳にフィードバックすることが必要だと思います。

私は仕事での体験から自然と脳にあわせた仕事の方法を編み出していたようですね。

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? 脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?
池谷 裕二

祥伝社 2006-09
売り上げランキング : 120
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す