新しい出版の形

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

Amazonが書籍のオンデマンド出版サービスをUSではじめます。

本の著者はAmazonに電子媒体で原稿を預けておき売れたらはじめて印刷するというサービスです。

これは完全に中抜きビジネスですね。

日本でいう東販や日販がいらなくなります。

本を書くほうも以前よりも手軽に本を出すことができるようになるのでどんどん広がってほしいと思います。

 アメリカでもこういうことをすると商品の仕入れができなくなる恐れがあると思うんですが、アマゾンは機が熟したということではじめたのでしょうね。

しかし日本ではまだ無理でしょうね。

再販禁止法なんてふざけたものもあるのでしばらくは変わらないかもしれません。

以前大手の書籍取次店で大量に返品されてくる本の仕分けのバイトをしたことがあります。

本屋って売れない本は返品できるんですよね。

これじゃ営業努力なんかするわけないですよね。

こんなことをやっているとどんどん世界から取り残されてしまうのに日本という国はどうしようもないですね。

既得権益を守っていると結局自分の首をしめていることにいつ気がつくのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す