時代小説

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

今まで時代小説というのどうも古くさい感じがして読まなかったのですが、今NHKでやっている「風の果て」という藤沢周平原作のドラマはおもしろいですね。

舞台は江戸時代なのですが、現代の企業でもあり得るようなストーリーになっていておもわず引き込まれます。

まだ一部しか見ていないのですが、藩の中での権力闘争の部分なんかみると経済小説のテイストも感じられます。

また藤沢周平は人間を描くのがとてもうまくて、司馬遼太郎作品のような偉人ではなく平凡な人たちを描いているのもとてもいいですね。

早速つたやで「たそがれ清兵衛」のDVDも借りてみましたが、これもよかったです。

時代に翻弄されつつも自分らしく精一杯生きる男って感じでした。

原作も読んでみようと思います。

風の果て〈上〉 (文春文庫) 風の果て〈上〉 (文春文庫)
藤沢 周平

文藝春秋 1988-01
売り上げランキング : 182
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

たそがれ清兵衛 (新潮文庫) たそがれ清兵衛 (新潮文庫)
藤沢 周平

新潮社 1991-09
売り上げランキング : 3363
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す