清濁あわせのまないとビジネスができないのか

 道路公団の談合で大変なことになっていますね。日本でビジネスをするにはこんな汚い手も使わないとやっていけないような国なのでしょうか?

 このやり方は国民につけをまわす利己的なビジネスのやり方です。しかし関係者は必要悪だといいます。日本はいつからこんな国になってしまったのでしょうか?

 民間企業同士でも似たようなことがあることをよく聞きます。悪名高いバーター取引なども必要悪と言われます。例えばある企業から受注した業者は取引条件として発注元企業の製品を買わなければいけないことがあります。業者は立場が弱いから不当な条件を飲むしかない状況に追い込まれます。

 確かに世の中清廉潔白なことばかりではありません。みんな生き残るために必死だから人として外れたことも行うこともあるでしょう。私もそのような状況に追い込まれることがあるかもしれません。しかしビジネスを行うときにも自分なりのポリシーを持って行っていきたいものです。

コメントを残す