私も愚者ですね

いつもコメントしていただいているTommyさんのシステム開発に関する記事はシステムエンジニアの苦悩が感じられる記事です。

 私も元プログラマーなので状況は痛いほどよくわかります。私も同じ状況に何度も追い込まれました。そのたびに自分の技術力やプロジェクトマネージメント能力に問題があるのではないかと思って色々勉強しました。

 しかし本当の問題の核心は経営にあるということがわかりました。ITシステムは企業の業務を変えます。そして組織自体も変えてしまう場合があります。そのようなプロジェクトでは顧客側経営者のコミットが必須です。しかし日本の経営者がITプロジェクトにコミットしてくることは稀です。

 またIT企業側の経営者にも問題があります。受託開発やSIは手離れが悪く利益率の低いビジネスモデルです。また競合がいっぱいいるビジネスは価格競争になります。そうすると自然とこちらの立場が弱くなってしまいます。

 IT企業ではいかに競争優位を確保して高い利益率を出せるビジネスモデルを作るかが経営者の能力の問われるところです。しかし今のIT業界は人まねのようなビジネスを行っている会社ばかりです。

 私の結論はちゃんとITビジネスをやるためには経営に関わらないとだめだということです。顧客企業の経営者と直で話せるポジションで顧客と対等に付き合えるビジネスを行わなければちゃんとした仕事はできません。もちろんお金儲けは重要ですが、私はちゃんと仕事がしたいために経営に関わろうと思いました。もし経営者が優秀な企業に勤めていたらこんなことは思わなかったでしょう。私はあまり頭がよくないので痛い目にあってやっと理解しました。頭のいい人はもっと早く気づくんでしょうけどね。

 でも誰か優秀で信頼できる経営者がいれば技術ばかりやっていたいという気持ちもあります。もし会社が大きくなればそういう人を見つけて任せたいと思いますが、しばらくは自分で全部やらないとだめでしょうね。

 

コメントを残す