老人ターゲットの詐欺

おはようございます。まだまだ暑い日が続いていますね。朝起きるとしまっていたはずの窓が開いているました。自分では記憶にないのですが夜起きて自分で開けたんでしょうね。夜、自分が何をやっているのかわからないのでちょっと怖くなってしまいました。(笑)

 先日私の父から電話がありました。商品取引の契約をするという話で営業マンがきているということでした。話をよく聞くと先物取引らしく父に営業をかけていたのです。父もその気になって契約しようとしていたので、やめるように言いました。

 そもそも先物取引が何かも知らない父がそんなものやったらまた借金だらけになってしまいます。営業マンも若い女のようだったので色じかけで売り込みをしていたのでしょう。その営業マンに電話で「あなたはちゃんと商品説明をしているのか」といったら「ちゃんとしている」と答えました。しかしその内容を聞くとお前も先物取引わかってねーんじゃねーかって感じでした。

 すんでのところで詐欺に引っかからなくてすみましたが、老人をターゲットにしたこの手の詐欺は最近多いですね。リフォーム詐欺や闇金融など違法なものからサラ金や通信販売など金をむしろ取ろうと虎視眈々と狙っている悪いやつらで一杯です。

 誰しも年をとると判断力も衰えてきます。そんな弱い人たちをだましてお金を取ろうとするやつらは二度とビジネスができないようにすべきだと思います。

 野生の動物は衰えたら他の動物に食べられたり自分でえさをとれなくなって死んで行きます。しかし人間はそういった自然の摂理に逆らっているために高齢化などの問題が出てくるのでしょうね。最近長生きするのもどうかなと思うことが多くなってしまいました。

ランキングに一票お願いします!  

コメントを残す