考える脳 再び

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

4270000600 考える脳 考えるコンピューター
ジェフ・ホーキンス サンドラ・ブレイクスリー 伊藤 文英

ランダムハウス講談社 2005-03-24
売り上げランキング : 3,158
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「考える脳・考えるコンピューター」は感動したのでもう一度書評を書いてみたいと思います。

 著者は人間の脳がどのような規則で機能しているかを解明してそれをコンピューター上で実現しようとしています。彼が研究しているのは新皮質と呼ばれる知能を司る部分です。

 彼の理論はいまだ推測の域を出ないものですが、今まで集められた実験結果を無理なく説明するためかなり有望だと思います。この技術が確立するまでこれからどれくらいかかるかわかりませんが、もし正しいのであれば様々な応用範囲が考えら得ます。

 テクノロジーの分野では今までコンピューターが苦手だった言語や画像のパターン認識が実現できます。例えば監視カメラで写った人をみて泥棒かどうかを判断することができます。また言葉を聞いて内容を理解することも可能になります。

 医療の分野では脳に関わる病気の治療法が進むかもしれません。アルツハイマーや知恵遅れなど今までの医療技術では手も足もでなかったものが治療できるようになる可能性があります。

 著者は脳でわからないことはまだたくさんあるといいます。新皮質が理解されても感情をコントロールする大脳基底核や運動を司る小脳などはいまだ謎のままです。これらもこれから研究は続けていくんでしょうね。

 しかし新皮質は人間特有の機能を持つ脳です。これが解明されることによって様々な応用技術が出てきます。これから楽しみな分野ですね。

ランキングに一票お願いします!  

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す