自宅PC Linux化計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

土日は自宅PCからWindowsを排除するためにUbuntuのインストール作業を行いました.

インストールは問題なかったのですが、いくつかひっかかったところがありました。

・ Xのディスプレイドライバー

 マザーボードにオンボードのビデオチップのドライバーがダウンロードできませんでした。

おそらくメーカーのウェブサイトの管理がなってなかっただけだと思いますが.

(ちなみにそのメーカーはインテルなんですけど。)

しかたないので別のビデオカードを拡張スロットに挿して使いました.

nVidia系のカードはドライバーの対応も速いみたいです。

・プリンタ出力

 これがいまだにうまくいっていません.EpsonのPM-G800というプリンターに出したいんですが,Debian系では成功したひとはいないようです。

HP系だと問題なくいくようなんですが、今度プリンター買うときはHP系にします。

これ以外はまったく問題なく使えています.

ExcelのファイルもOpenOfficeでちゃんと読めますし、なんとかスイッチできそうです。

使用感はすこし重い感じですね。

ビデオカードのせいもあるかもしれませんが、GUIの動きがすこしもたつく感じです。

topコマンドで見てみるとXとOpenOfficeで1GBほどメモリーを使っているようです.

昔のUnixのプログラムは軽かったんですけどね.

日本語入力もMS IMEくらいと同じくらいの使い勝手ですね。

全体的には今一歩というところですが、完成度はかなり高くなってきています。

まだエンドユーザーに使わせるレベルではありませんが、IT業界のひとだったら問題なく使えるんじゃないでしょうか.

これでデバイス系の問題がクリアされたらWindowsにとってかなりの脅威でしょうね。

これでうざいWindowsを一掃できたのでなんかすっきりって感じです。

Screenshot-s.png

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す