衰退産業真っ盛りの日本

 IT業界ってそういえばあんまり学歴の高い人はこないですね。たまに商社から出向してくる人が東大卒だったりしますが。日本でエリートと呼ばれる方々はこの業界にはこないようです。

就職ランキングを見てもIT関係というと家電メーカーになってしまいます。このランキングを見てほとんどが衰退産業だなって思ってしまいます。

 これからの産業は情報通信やバイオ、金融サービスだと思いますが、そのあたりの企業がほとんどありません。これに加えて日本の場合、トップクラスの大学を出た人は官公庁に行ってしまいます。利益を生まないセクターに多くの人材がとられてしまう日本の構造は少しおかしいのではないでしょうか。

 大学生は仕事の内容がわからないからネームバリューや福利厚生で会社をきめるしかないのでしょうが、私の経験では自分のやりたいことを仕事にしたほうがいいと思います。

 私は何も考えずにこの業界に入りました。その当時は給料も安く待遇もそんなによくはなかったですが、この業界を選んだから今でもなんとかやっていけるのだと思います。あの当時人気だった銀行やメーカーに入ってたらつぶしがきかなかったでしょうね。

 これからの日本を復興させるのはおそらくエリート階層ではなく、衰退産業に入れなかった人たちが新しいビジネスを起こしていくのかもしれませんね。

コメントを残す