Google & Amazon

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 もうお昼になってしまいました。今日は朝起きるのが遅かったので時間が経つのがはやいですね。

 

 最近色々忙しかったので少し燃え尽きぎみです。今日明日はゆっくりして調子をもどしたいところです。

今月の日経ビジネスのGoogleとアマゾンの記事が面白かったです。Googleとアマゾンは広告と流通を変えました。いままでマスでしか広告が打てなかったのを少数ターゲット向けの広告方法を確立しました。これは革命的なことだと思います。

私は以前ある商品を売るのに雑誌広告を依頼したことがありましたが、あまりの費用の高さにびっくりしました。その雑誌は出版数1万部ほどの弱小雑誌でしたが、1/2スペースで一ヶ月60万ほど支払った覚えがあります。このとき広告を打つというのはいかに高いか思い知らされました。

 しかしGoogleは新しい広告方法を編み出しました。検索キーワードに関する広告を出すことによって見込み客を見つける方法を企業側に提供しました。広告費用もクリックされたら一回数十円〓数百円なので既存の広告媒体に比べて低く抑えることができます。このインパクトは大きくて既存の広告会社を陳腐化させていくと思います。

 Amazonは違ったアプローチで広告を行っています。多くのユーザーにコメントしてもらうことによって口コミ効果を使ったマーケティングを展開しています。またBlogの人気に伴ってアフィリエートもAmazonの主要な宣伝方法になっています。(このBlogもAmazonのアフィリエートに参加しています。おかげさまでいまのところ合計で3000円ほどになっているようです。)

 アメリカではウェブマーケティングは当たり前になっているようです。eBayを主な販売チャンネルとして個人が商売をしています。こうなると既存の会社組織も考え直す必要がありますね。営業マンを抱えて大人数でやる必要のあるビジネスがどれだけあるのか疑問です。

 自分がGoogle Adwordやオークションで売るとしたらなんだろうかとふと考えてしまいました。モノでもサービスでもいいんですが、個人対個人で商売した場合売れるものが思い当たりませんでした。しかし何か売れるものを持つことができれば簡単に広告して売ることができる時代になったんだと思います。

 週末は何か売れるものをじっくり考えてみたいと思います。

ランキングに一票お願いします!  

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す