Internet Riches – インターネットでライフスタイルを変えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

Internet Riches: The Simple Money-making Secrets of Online Millionares Internet Riches: The Simple Money-making Secrets of Online Millionares
Scott C. Fox

Amacom Books 2006-05-30
売り上げランキング : 30994

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 私は経済的に苦しい時期もあったので、富とはなんだろうという疑問を常に持っていました。

なのでいろんな投資関係の本を読んだり、投資家と呼ばれる人たちの話を聞いたりしました。

その中のほとんどが非科学的だったり投資家向けの商売だったりしたんですが、その中で学んだのが人に価値を提供することが自分の富を増やすことなのだと理解しました。

お金というのは結局富の移動手段でしかないんですよね。

しかし、巷にあふれるビジネスのねたは楽をしていかに儲けるかという話がほとんどです。

 ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、この本もその手のやつかなと思いましたが、全然違いました。

タイトルがストレートすぎて怪しい感じですが、中身はとてもまじめでこれからのライフスタイルが変わることを予言している本でもあります。

 通常ビジネスをはじめるためにはいろんなコストがかかります。

オフィス代、人件費、物を仕入れるコストなどがかかるためある程度の資本が必要になります。

また場所の問題もあって東京などの都会でビジネスする方が営業的には有利です。

 しかし、インターネットでビジネスをする場合、これらの前提が関係なくなってしまいます。

例えばネットショップで物を売る場合、最初からオフィスは必要ありません。

後で必要になるかもしれませんが、儲かってから借りればいいですね。

人も最初は一人か友人と始めるというスモールスタートが可能です。

また物の仕入れも最近はドロップシッピングというしくみを使えば在庫なしではじめることができます。

ウェブサイトもASPサービスを使えば月々安いお金で利用することができます。

 こう考えるとスタートアップではほとんどお金がかかりません。

後、最初は片手間で始めることができるのでリスクもそんなにありますせん。

さらにインターネットでは場所は関係ないので田舎に住んでいても問題ありません。

 逆に考えると誰でも始められるので競合が多いということでもあります。

そこで重要になるのがいかに人と違うことをするかになります。

著者はニッチを狙うべきだと書いています。

例としてキャディラックのクラシックカーを専門に扱っているウェブサイトの例が挙げられていました。

ユーザー数としてはそんなに多くはないと思いますが、数人の規模で行うビジネスとしては十分なマーケットです。

また別の例としてビリヤードのキューを販売しているサイトの例もありました。

 この例に出ていて成功している人たちはみんな普通の人です。

大学も出ていない人もいますし、子供のいる主婦だったりします。

でも共通しているのがみんな自分の好きなことをやっているということです。

好きなら長時間働いても苦になりませんし(というより楽しい)、好きな時間にできて場所もどこでもかまいません。

 これはアメリカの本なのでASPや色んなネットサービスはアメリカのものばかりです。

ちょっとリストアップするとこんな感じです。

iPowerWeb ウェブホスティングサービス ホームページテンプレートが充実している

Craiglist 個人広告サイト ウェブデザイナーやプログラマーを見つけるのに便利

Paypal メールによる決済サービス

CafePress ドロップシッピングサイト 自分でデザインしたTシャツやマグカップを売ることができる

eBay 世界最大のオークションサイト

GoDaddy.com 格安ドメインレジストラ 安くて(.comドメインで$9くらい)サポートがいい

日本にも似たようなサービスがありますね。

 これを読んで思ったのは、これから成功するタイプの人たちが変わるのではないかということです。

今まではいい大学に出て難しい資格を取った人が勝ち組でしたが、これからは好きな趣味があって人間らしい生きかたをしている人が成功するようになるかもしれません。

なおかつ都会に住んでいても南の島に住んでいてもネットさえつながっていれば関係ない時代がもうそこまできているような気がします。

 ということでネット上でビジネスする上で成功するのはこんな人ではないかというイメージを考えてみました。

・ マニアックな趣味がある

 趣味がマニアックであればあるほどユーザー数は少ないですが、差別化になります。

やはりポイントはそれが好きだということです。

好きな趣味に関しては誰しもマニアックになりますからね。

私はJazz Guiterが趣味ですが、まだマニアック度は少ないかもしれませんね。

・ 人に提供できるスキルがある

 仕事でもプライベートでも長い間続けているとスキルは身につくものです。

そんな自分のスキルを再発見して人のために使えるとお金にもなると思います。

お子さんのいる女性や定年退職した方などスキルを無駄にしている状況も改善できるのではないでしょうか。

・ 誠実である

 ビジネスで重要なのは誠実な対応です。

最近の企業の不祥事をみると組織が巨大化した弊害だと思うのですが、ネットでのビジネスは個人対個人の関係が多いので誠意をもって対応することがさらに要求されると思います。

・ 人生を楽しんでいる

 いやいや仕事をやっている人に仕事を依頼した顧客は不幸です。

仕事だけではないですが、やはり楽しくやっている人と付き合っていきたいですよね。

・ 英語でコミュニケーションできる

 日本だけでも経済規模は大きいのでビジネスになるかもしれませんが、将来日本がどうなるかわからないし、インターネットは場所が関係ないのだからどうせだったら世界を相手にビジネスしたほうがいいですよね。

そうなると英語は必須になります。

しかし、英語は思っているほどそんなに難しくはありません。

最低限の単語を覚えてしまえばあとは実地でどんどん使っていけばだんだん使えるようになります。

学校のせいで英語は難しいと思い込まされていますが、文法がまちがっていても相手には通じますから。

要は相手とコミュニケーションできればいいのです。

また英会話学校なんかに行く必要もありません。

最近はSecond LifeやMySpaceなど英語を話す友達と知り合うツールがいっぱいあるのでそこで友達を作っていけばいくらでも英語が使えるようになります。

 Internet Richesというタイトルからお金儲けっていうのが前面に出てる感じを受けますが、これはライフスタイルが変化するという預言書だと思います。

かつてのような起業するリスクはほとんどないのだからはじめて見て損はないと思います。

みなさんもインターネットで自分らしい生きかたを模索してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す