iPodは何を変えたのか?

iPodは何を変えたのか? iPodは何を変えたのか?
スティーブン・レヴィ 上浦 倫人

ソフトバンク クリエイティブ 2007-03-29
売り上げランキング : 47929
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 私はiPodを買ってもう3年くらい使っています。

3G世代のiPodなのでもうかなり古くなってしまいましたが、バッテリーを交換したら故障もせず今でも十分使えます。

 この本は「ハッカーズ」で有名なスティーブンレヴィーのiPodについて書いた本です。

内容的にはiPodの開発からiTuneミュージックストアの開設という流れですが、これはまさしくAppleの復活ドキュメンタリーです。

1997年Appleはあともう少しで倒産という状況でした。

当時のことは私もよく覚えていますが、Appleの製品は陳腐化してしまってかつての魅力が全くない状況でした。

 JobsがCEOになっても復活はないだろうなと思っていました。

既にWindowsがPCのシェアをほとんど占めている状況でMacの勝ち目はありません。

多少iMacでもりかえしましたが、会社としてはなかずとばずの状況でした。

この本の中でDellのマイケルデルが「自分だったら株主にお金を返して会社とたたむね。」と言ったというエピソードがありましたが、その当時は誰しもそう思ったでしょう。

 しかし、iPodで形勢は逆転します。

Jobsは最初iPodをMacにユーザーを取り戻すための手段として考えたようです。

しかし彼らはビジネスをやっていくうちにMP3プレーヤーの市場がPCよりはるかに大きいことに気づいてiPodをメインに切り替えました。

Jobsはこの戦略変更にかなり抵抗したようですが、PC世代の彼にとってこのパラダイムシフトは受け入れがたいものだったのでしょうね。

 iPodが最初に発売されたときはろくでもないMP3プレーヤーしかありませんでした。

私も以前Rioのプレーヤーを持っていましたが、シャリシャリするような音だったので使わなくなってしまいました。

Rioを作ったエンジニアは絶対自分では使ってなかったと思います。

それからMP3プレーヤーはだめだと思ったのですが、私と同じように思った人は当時多かったのではないでしょうか。

やっぱり最初に製品を出す会社はいいものを出してほしいですね。

その後、iPodで音楽をたまたま聴いたのですがCDプレーヤーと変わらないいい音だったのでiPodを買いました。

 ビジネスの基本として競合があまりいないマーケットを狙うのは定石です。

しかし、Appleの人たちは音楽が好きだからiPodを作ったようです。

Appleがそもそもだめになったのはビジネススクール出身の重役が占めるようになってからです。

 ビジネススクールで教えることはビジネスを行う上で役に立つとは思いますが、魅力的な製品を作り出すのには役にたたないようです。

なのでマーケットリサーチや経営戦略を考えるよりも自分のほしいものを考えて作るほうがいいでしょうね。

 しかし、本当はiPodのような製品はSonyが出す製品なのに未来はわからないものですね。

Sonyはもはや大企業になってしまって臨機応変に動くことができなくなってしまったのでしょう。

 最近Stanford大学が授業の映像の配信をPodcastではじめました。

アメリカはどんどん先に進んでいて日本はTV会社を買収するとかつまらないことばかりやってますね。

ちょっとお金をためて5GのiPodを買おうかな。

1件のコメント

  1. あと三か月もすれば6Gの発表があるでしょうから待たれてはいかがですか?(笑)

    さて、それはさておき。当時のappleには私も思い入れがあります。販売員をやっていたのと、当時の日本法人の社長である原田社長とお会いした事があるからです(当時15なんで向うはまーったく覚えてないでしょうけど)

    当時のジョブスの経営的決断も良かったんだと思います。MSから資金援助とMS-OfficeMac版の開発を継続させる事をとりつけた事も大きいかなーと。

    まぁiPodはジョブスと現日本通信社長がプッシュしてたんですがアップル社内でも猛バッシングを当初受けてたわけでわからないものですよね。

コメントを残す